京都メーカー強気の説部投資

239

京都の大手企業が生産能力の増強に向けて、一段とギアを上げる

自動車向け部品や半導体の需要拡大に対応するため、各社好業績を背景に強気の投資を継続する

2019年3月期   投資額       主な製品や施設

村田製作所      3,400億円   自動車向けコンデンサー、電池など

日本電産       1,500億円   EV用駆動モーター、ロボット用減速機

京セラ        1,100億円   半導体製造装置、自動車向け部品

ローム          780億円   EV用次世代半導体素子など

オムロン         520億円   工場自動化機器、新興国向け血圧計

SCREEN HD    310億円   半導体製造装置の工場新棟

島津製作所        230億円   医療・ヘルスケア分野の研究開発棟

上記企業で投資規模で群を抜くのは村田製作所で、スマホと自動車向けセラミックコンデンサに大型投資する

次に日本電産は、電気自動車(EV)の駆動用モーターや省エネ家電用モーターなどに今後3年間で5千億円を投じる 永守会長兼社長は「かってないチャンス。市場に先んじる」と強調し今期だけでも1500億円をEV向けやロボット用減速機の増産に充てる

この調子だと、引き続き中小企業は好調だが、反面人手不足がネックになり、海外からの雇用計画人材が増えるのだろうか。

2018年5月29日京都新聞からの引用と西川私見